収入と可処分所得の違いについて

基礎知識

さて、提案書を作るときの最初と壁となる、

可処分所得ですが、

結局どうやって算出するかが問題となってきます。

 

そこで、今回は可処分所得と収入の違いについて

書いてみようと思います。

 

収入と可処分所得の違い

婚活などで、

『年収600万以下はお断り』

なんてフレーズが聞こえていましたが、

年収600万って『実際にはいくら使える』のでしょうか?

 

人によっては、『額面とか手取り』とか言っているけれど、

色々な福利厚生があって、複雑です。

 

ということで、まずは『収入』と『可処分所得』の違いについて、

説明する必要があります。

 

1、収入について


収入とは、『自分に支払われる金額の総額』

俗にいう『額面』ってやつですね。

単純に収入という場合は、

『税金も年金も健康保険料もひかれていない状態』

を指しています。

 

 

2、可処分所得とは


さて、収入があるとはいっても、

色々と天引きされるので、

全部使えるわけではないですよね。

 

実際に自由に使えるお金は、

『収入から自分の意志と関係なく支払う必要』がある、

税金や健康保険料・年金を差し引いたものになります。

 

そこで、『収入からそれらを差し引いたもの』

『可処分所得』と言います。

 

具体的には、

可処分所得=年収ー(所得税・住民税+社会保険料)

となります。

※社会保険料とは…年金と健康保険料(介護保険料)を合わせた金額です。

 

 

『提案書などでキャッシュフロー表に入れる収入』には、

これを入れることになります。

 

ちなみに、

『財形貯蓄や生命保険』については、

『自分の意志で支払うもの』だから、

それらは差し引かずに可処分所得に含めます。

 

 

可処分所得が髙ければ余裕な生活が送れるのか?

さて、年収と可処分所得の違いについて説明しました。

ここまで読んでいただけた方は、

実際に使えるお金は、

『収入ではなく、可処分所得が重量』

だということが解りましたね。

 

それでは、

『可処分所得が髙ければ余裕がある生活なのか?』

答えはNO!です。

 

実際には、『会社からの福利厚生』で、

『住宅補助、光熱費の補助など』

『支出が少ない』ことも重要です。

 

すなわち、『可処分所得と支出を差し引いた金額』

一言でいうと『年間貯蓄額』が重要となります。

 

そのため、FPが提案書を作るときは、

『可処分所得と支出の算出』を行い、

『収支状況を示したバランスシートを作成』して

『年間貯蓄額を示す』

 

そうすることで、

どれだけ生活に余裕があるのかを、

お互いに確認することが出来ますからね。

 

 

余談ですが、俗にいう一流企業は、

福利厚生も可処分所得も恵まれているのだから、

うらやましいばかり…、

おっと、こればっかりは言っても詮無きことですね。

 


今回の説明はここまでにします。

ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました