MOS Excel2013 Specialist 模擬試験が終わりました。

MOS

模試の感想


大体2週間ペースを保って、

MOS試験を受けるようにしていますが、

ExcelのSpecialistについては大分仕上がるのが早く、

今週の初旬には模試を始めることが出来ました。

少し詰めが甘いところがあるので、

明後日までにもう少し詰めたいところですね。

 

回答時間は、どの模試でも30分未満で終わりました。

流石にデータの入力などで、SUM関数やAVERAGE関数は使うので、

大分やりやすいですね。

回答時間的には問題ないので、

後は、ケアレスミスと参照範囲の固定について注意したいところです。

 

模試でよく出た問題


①ファイルからのデータの読み込み

データ⇒外部データの読み込みタブ⇒テキスト

ある意味おなじみの問題で、

これが出来ないと始まらないですね。

 

②テーマと色の設定

  • ページレイアウト⇒テーマ
  • ページレイアウト⇒配色

ここも定番と言ってよい問題です。

ここをミスると、文字の配色が出来ずに詰みます。

 

③ワークシートの見出しの編集、追加

  • シート見出し⇒右クリックで名前、見出しの色変更
  • 新しいシートボタン

 

④文字列の置換、特定の文字列の削除

ホーム⇒検索と選択

問題の中でシートかブックのどちらを削除するか確認します。

”ブック”の場合はオプションでシート→ブックにする必要があります。

 

⑤他ブックへの文書の移動

切りとり⇒貼り付けです。

 

⑥セルへの入力

文字列の入力と、フィルハンドルのドラッグがあります。

 

⑦セルの結合、行・列の幅、行・列の削除・非表示、文字の配置

 

⑧セルのスタイルの設定、文字の種類

  • ホーム⇒スタイル
  • ホーム⇒数値

⑨フィルターとテーブルの設定

  • データタブ⇒並べ替えとフィルター⇒フィルター
  • 挿入タブ⇒テーブル

何気にテーブルとフィルターの設定するタブが違います。

 

⑩テーブルスタイルの設定、テーブル名の入力

 

⑪条件付き書式、アイコンセットの設定

ホーム⇒スタイル⇒条件付き書式

特に%と数値の違いに注意!

%は指定した範囲の中の数値での%を示しているので、

実際に0~100%の数値で設定したいときは

0~1の間の数値を設定する必要があります。

 

⑫グラフの挿入

挿入⇒グラフ⇒各種グラフの挿入

※行と列の入れ替えを行う場合があります。

グラフツールのデザイン⇒データ⇒行/列の入れ替え

 

⑬グラフ要素の追加、グラフ名の追加

グラフスタイルのデザイン⇒グラフ要素の追加

 

⑭グラフのスタイルの設定

グラフツール⇒デザイン⇒グラフスタイル

 

⑮画像の挿入、画像の効果

  • 挿入⇒画像
  • 図ツール⇒書式⇒図の効果、トリミング等

⑯名前付き範囲

  • 指定の範囲を選択⇒名前ボックスに入力
  • 関数の範囲に数式⇒定義された名前⇒数式で使用

⑰各種関数

  • SUM,AVERAGE,COUNT,COUNTBLANK,MAX,MIN
  • LEFT,RIGHT,MID,CONCATENATE

程度の関数は使えるようにしておきたいです。

 

⑱余白、改ページ、印刷設定、ヘッダー、フッター

  • ページレイアウト⇒ページ設定⇒余白・印刷範囲・改ページ
  • 挿入⇒テキスト⇒ヘッダーとフッターorページレイアウトボタン

特に余白は、ユーザー設定の余白⇒ページ中央の設定も出来るように

ならないといけないです。

 

⑲オプション設定

ファイル⇒情報⇒プロパティ⇒ドキュメントパネルを表示

ある意味、おなじみの設定ですね。

タイトルやサブタイトル等を入力します。

 

 

共通して出てくるのはこんなところです。

範囲が広く見えますが、実際に使うような内容が多く、

Excelを使っている人なら新しく覚える内容は

少ないかもしれないですね。

MOS
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました