AFPの継続講座を受けてみた

FP2級+AFP
スポンサーリンク

AFP継続には2年以内に15単位が必要

去年の8月にAFPとなりましたが、

AFPの継続には

2年以内に継続教育を修了する必要があります。

 

FPジャーナルの課題を提出すれば1回につき3単位もらえますが、

今回は一気に取得できるWEBでの継続教育をやってみました。

 

今日から始めるインターネット継続教育(エフピー研究所)

最近は結構忙しかったので、

即日で終わる形式のものがよいと思い、

FPジャーナルの後ろに掲載されていた、

今日から始めるインターネット継続教育(エフピー研究所)

をやることにしました。

 

支払いについて

支払いは銀行振り込みかクレジットカード払いですが、

私は即日でやりたかったのでクレジットカード払いで、

代金は2970円でした。

 

継続教育の内容

単元ごとに分かれていて、

  • リスクと保険
  • ライフ・リタイア
  • タックス
  • 金融
  • 実務倫理

のそれぞれ1~6章をWEBページで勉強して、

それぞれの章の確認テストで全問正解すると、

単元ごとに3単位がもらえる形式となります。

 

確認テストは、穴埋め形式で、

1~10の選択肢から選ぶ形式となっています。

何回間違えても良いので、

全問正解するまでチャレンジすることになります。

 

難易度的にはAFP受かるレベルであれば、

かなり簡単な上に、何度もチャレンジできるので、

ストレス感は少ないですね。

 

15単位とるまでにかかった時間

お昼挟んでしまったので、

正確ではないですが、

2時間かからずに終わらせることができました。

 

ちなみに私の場合は、

最近『ライフやタックス』関連の業務をすることが多かったので、

ライフやタックスは内容だけざっと流して、

すぐに確認テストをやったというのもありますが、

かなり少ない時間で終わらせることができました。

 

実際にFP協会に単位申請をしてみた

単元ごとに『承認番号』が発行されるので、

FP協会のマイページから単位申請をしました。

ちょうど申請をしたのが日曜日だったので、

その日は申請中でしたが、

翌日にはしっかりと単位認定されていました。

 

継続教育についての感想

費用については、FPジャーナルの継続教育テストで、

1単元(3単位)で1,000円(WEBで900円)と考えると、

FPジャーナルの継続教育テスト(1単元×5回:15単位)

5,000円(WEBで4,500円)に対して

今回の継続教育(5単元:15単位)は3,000円弱と、

お得感がありますね。

 

また、FPジャーナルの継続テストは、

FPジャーナルに乗っている内容からのテストなので、

難易度も結構高い気がしますが、

今回の継続教育については、AFP試験をした時の難易度と、

あまり変わらない気がするので、(むしろ簡単)

気軽に受けることができます。

 

そういった意味で、

AFPの更新だけを目的とするならば、

金銭的にも労力的にも

『今日から始めるインターネット継続教育』は

かなりおすすめかもしれないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました