令和元年度行政書士試験受験しました

行政書士

何だかんだで4か月間努力しましたが、

行政書士試験を受けてきました。

 

自己採点の結果

大原で速報出していたので、

自己採点をしてみました。

 

1、択一

  • 基礎法学:4点(1問/2問)
  • 憲法  :16点(4問/5問)
  • 行政法 :36点(9問/19問)
  • 民法  :12点(3問/9問)
  • 商法  :0点(0問/5問)
  • 一般知識:36点(9問/14問)

2、多岐選択式

  • 憲法 :4点(2問/4問)
  • 行政法:14点(7問/8問)

合計:122点

 

記述は、以下の通りに書きました。

 

44問

Yに対して法律上の利益を有する者が、

必要な処置をするべき旨の命令の

義務付け訴訟を提起できる

 

45問

共有者4名以上の同意を必要とする。

修繕等には共有者の過半数の同意を必要とする。

 

46問

代位弁済と呼ばれ、

BがCへAの代わりに支払うことを通知し、

Cが承諾する必要がある。

 

 

確実に落ちたと確信

さて、去年に比べて、

大幅に点数を下げる結果となりました。

 

行政法の点数の底上げが出来なかったばかりか、

民法や商法については壊滅的に低く、

自己採点後、暫く放心状態になりました。

 

どちらかといえば、

そこそこ根拠を込めて回答したつもりが、

逆に間違ってしまっているというのが、

かなり堪えていて、

どうしたものかと、

とてもショックを受けています。

 

とはいえ、

勉強自体のスケジューリングや、

目標についてはやり切れたので、

そこだけが救いといったところですね。

 

ただ…努力が報われないことだけが、

とても辛いと思いました。

 

今回の行政書士試験に当たっては、

確かに、努力はしました。

 

でも、報われるような方向に、

努力ができなかったのは、

自己満足にすぎないので、

結果を残せなかった時点で、

やはり自己満足の域でしかなかったと、

反省するばかりです。

 

とりあえず、

結果は結果なので受け止めて、

少しゆっくりと休みたいと思います。

行政書士
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました