行政書士試験まで後11日

行政書士

明日で10月も終了となります。

結局、講義DVDをこれ以上使ってしまうと、

当初の使う予定だった参考書を使う時間が取れないので、

参考書+演習メインで行うことにしました。

 

ちなみに、使いたかった参考書はこれです。

 

行政書士民法・行政法 解放スキル完全マスター(伊藤塾)

内容的には、

行政書士の問題を

どのような視点で解いていくか、

という形になります。

 

『今までためた知識を整理』していくのに、

非常に有効な参考書ですが、

逆に全くの知識がない状態でこれを読むと、

混乱することになると思うので、

ある程度基本テキスト理解したこと前提で、

取り掛かりたいと思っていました。

 

今回の学習方法

今回は以下の流れで行いました。

憲法・基礎法学・一般知識は

合格革命(基本問題集)を解くだけ。

 

民法・行政法については

その日できる単元毎に、

1、行政書士民法・行政法 解放スキル完全マスター

2、合格革命(基本問題集)4周目

3、合格革命(記述式・多岐選択式)2周目

 

といった流れで行います。

 

行政書士民法・行政法 解放スキル完全マスターについては、

重要な部分にラインマーカーを引き、

その復習として、

合格革命の基本問題集と

記述式・多岐選択式の問題集を解いて対応しました。

 

 

手ごたえと問題点

流石に、

合格革命の基本問題集は4周回したので、

答えを覚えてきています。

 

”基本問題集に限って”は、

記述式も書けるようになってきていますし、

大体9割以上の正答率となりました。

(一般知識含む)

 

ある意味これはこれで努力の成果ですが、

答えを覚えてしまうと、

『解くまでの過程を考えずに、速攻で答えが判る』

(この問題ではこの語句がキーワードでそれが答えに関係する)

となってしまい、

その問題と同じ問題が出るのであれば問題ないですが、

ちょっとひねって出されると、

答えが出せなくなる危険性があります。

 

現に、多岐選択式・記述式の問題集では、

前半の空欄補充とかで

6割程度のレベルなので、

なかなか苦しい状態となっています。

 

 

今後の進め方

残り10日となったので、

最後の詰めに入りたいところですが、

まだ悩んでいるところですね。

 

過去問に出る通常レベルの、

択一であればそこそこは行けますが、

あと一押しがどうしても出来ないと実感しているので、

どうやって補完させるのかが鍵となりそうです。

 

まあ、10日しか勉強する時間がないので、

できることは限られているし、

記述式・多岐選択式の穴埋めとか、

合格革命(基本問題集)で間違えたところを、

ノートに書きだして、

やれるだけ周回とか、

 

答えを覚えている状況からの脱却を図って、

去年のフォーサイトの直前対策(択一)と

合格革命(記述式・多岐選択式)をやれるだけ周回。

 

そんな程度しか出来ることはなさそうですがね。

 

なんにせよ、

ここまで持ってこれたんだから、

後悔がないように頑張りたいものです。

行政書士
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました