フォーサイトのAFP提案書課題について⑤

フォーサイトFP2級提案書

前回は、

『現状分析と問題点の提示』まで

説明しました。

フォーサイトのAFP提案書課題について④

 

今回は

『対策の実行により期待される効果の分析』

から進めていきます


  • 表紙
  • 目次
  • ご挨拶
  • ○○家の現状のご確認
  • ○○家の今後の収入予定と支出予定
  • ご相談内容 
  • 現状分析と問題点の提示 
  • 問題点改善のための改善案とその効果
  • 対策の実行により期待される効果の分析←今回はここ
  • ご相談内容への対策・ご提案、その他注意点
  • おわりに(〆のあいさつ)
  • 添付資料

 

『問題点改善のための改善案とその効果』では、

  • 提示た問題点の解決方法を考える
  • (改善後のバランスシートを作る)
  • 改善後の効果を算出する

を行うことで、

  • 問題点の解決方法
  • 具体的な数字による改善効果

を提示することが出来ました。

 

今回はそれを行ったことで、

『問題が解決するかの分析』

を行います。

 

今回の流れについて

『対策の実行により期待される効果の分析』

では、


  • 改善後のキャッシュフロー表の作成
  • 赤字継続や破綻の解消の確認
  • 問題が解決したことの説明
  • 改善案の注意点

の流れで進めて行きます。

 

 

今回のポイント

改善後のキャッシュフロー表の作成


改善後の状態での

キャッシュフロー表を作成します。

 

前回の

フォーサイトのAFP提案書課題について④

『提示した問題点の解決方法を考える』

キャッシュフローで確認できていれば、

恐らくは、もう完成しているとは思います。

 

キャッシュフロー表の作成が完了したら、

『改善後の貯蓄残高の推移のグラフ』

作成して、キャッシュフロー表の後に、

添付すると、

より流れが解りやすくなりますね。

 

 

赤字継続や破綻の解消の確認


『改善後のキャッシュフロー表』を見て、

  • 貯蓄残高が極端に少ない
  • 貯蓄残高がマイナス

になっていないことを確認します。

 

改善案を作成する際に、

改善後のキャッシュフロー表を見ていれば、

ここでその状態になりづらいですが、

支出が重なる場合は注意が必要です。

 

具体的な例を挙げると、

『繰り上げ返済をする際』に、

ライフイベントで

『車買替えや海外旅行の時期』

を考えずに、計画を組むと、

そのタイミングで赤字になりかねないので、

注意が必要です。

 

 

問題が解決したことの説明


改善後のキャッシュフロー表やグラフで、

問題が解決できたことが解ったら、

『対策後の効果の説明』をします。

『提示した”問題点”に対して』

  • ○○したことで、○○が解消しました。
  • 家計破綻しなくなりました
  • 退職金○○万円が確保できました。

といった形で、説明します。

 

さいごに分析結果として、

改善の内容をまとめます。

  • 家計が破綻せず、長期的な効果があること
  • 他にも出来る改善があればその内容
  • 今後の健全な家計の維持のため検討お願いします。

程度を簡潔に書くとよいですね。

 

 

改善後の注意点


改善案の実施後について、

注意する点があったら説明します。

例えば、

  • 共働きの団信(デュエットでない場合)
  • 元本割れのリスク(NISA等)
  • 生命保険受取人の問題(贈与税になる場合)

のように、リスクがあるものについては、

○○が補償されないのでご注意ください、

程度の、注意喚起を行って、

後の『その他注意点などで』

リスク解消の提案を行うようにします。

 

 


今回の説明はここまでです。

ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました