FP2級+AFP受験までにかけた時間と感想

FP2級+AFP

なんだかんだで、

行政書士の憂さ晴らしといった感も強かった、

FP2級+AFPの受験でしたが、

中々に手強い相手でした。

 

ちなみにかかった時間は

  • 基礎講座1周目:3時間×15日=45時間
  • AFP提案書作成:5~7時間×7日=約40時間
  • 基礎講座2周目+過去問講座1周目=約80時間
  • 過去問講座2周目=約40時間
  • 直前対策講座(学科+計算+実技)3周=50時間
  • 過去3回分の過去問1周目(学科+実技)=11時間
  • 過去3回分の過去問2~3周目=10時間
  • 直前対策講座4周目(学科+実技)=4時間

合計280時間といったところでしょうか

FP2級合格に必要な時間が

150時間~300時間といわれているので、

妥当な線かもしれないですね。

 

勉強時間の推移は、

2~3月が一日3時間ほど、

(AFPの時は一日5~7時間)

4月が一日平均3~5時間ほど、

5月に入ってからは5~9時間ほどって感じです。

実際はその間に休んだり、

旅行へ行ったりしているので、

少し間が空くことはありましたが…。

 

フォーサイトの講座についての感想

AFPの講座について


講義自体は解りやすかったですが、

実際にやってみると講義以外の

自分でやることがかなり多く、

そもそも、まったくFPの知識がない状態で、

それをやること自体が、かなりの壁だなと

思わされました。

 

とりあえず今回は住宅ローン関係だったので、

最低でも1周講義DVD(相続以外)を聞いておくと、

大分楽になるかもしれないです。

 

ちなみに個人的に不満だったのは、

『キャッシュフロー表に全く関数が使われていない』

といったところでしょうか。

各セルごとに数年後の将来価格として、

基準年×(1+変動率)のべき乗をかけるのですが、

EXCEL知らない人だったら苦労するのでなないでしょうか。

ちなみに、私は

『=ROUND(基準年のセル*POWER((1+$変動率のセル),経過年数のセル),0)』

って感じに数式を作ることにしました。

※基準年のセル、変動率のセルは列固定、経過年数は行固定でやるとよいです。

 

補足までに

ROUND関数『ROUND(数値,桁数)』

ROUND(A,B)とすると、

Aという数字をBの桁まで四捨五入するって意味です。

例えば、A3のセルに12.5という数字があって

=ROUND(A3,0)ってやると、12.5を四捨五入して

13にしてくれます。

 

POWER関数『POWER(数値,指数)』

POWER(A,B)とすると

Aという数字をB乗するって意味です。

例えばA2のセルに2という数字があって、

それを3乗したいときは

=POWER(2,3)ってやると、2を3乗して8になります。

 

何はともあれ、それ以外は

色々悩みはしましたが、結構楽しかった気がします。

 

 

FP2級試験について


1.基礎講座+過去問講座について

正直なところ、

直前対策講座が来るまでは、

モチベーションの維持にものすごく苦労しました。

 

おおむねの不満は、

FP2級基礎講座1周目終了

で語ってはいるのですが、

チェックテストの間隔が長すぎたり、

過去問に入っても、

アウトプットがなかなかうまくいかず、

ストレスがかなり溜まっていきました。

 

とりあえず、自己目標を決めておいて、

そこまでやり切ることを継続する感じでやれば、

モチベーションは維持できるのではないかと思います。

 

2.直前対策講座が来てから

直前対策講座が来てから、

ポイントごとに抑えて、

さらに計算問題で具体的なイメージが

できるようになったので、

ようやく『勝てるかもしれない』の

イメージがわいてきました。

 

別途過去問を買って、

3回分やってみると、

問題の流れとか、

全体的な出題の感じが解ってきて、

さらにやる気が上がってきましたが、

もう少し早くそうしておけばよかったかもしれないと

少し反省しています。

 

3.模試について

ちなみに、試験ちょっと前になって、

ようやく模試ができるくらいのレベルになっているかなと

思ったので、やっては見ましたが、

『できる人(本番で8割以上取れる人)がさらに高得点を目指すもの』

といった感じがするので、

私みたいに合否ぎりぎりかもしれないっていう人は、

素直に過去問や直前対策講座を回した方が、

FP2級の試験では良いのではないかと思います。

 

4.本番についての心構え

行政書士に落ちた時から考えていましたが、

  • あくまでフォーサイトの過去問から8割来れば御の字
  • 逆に言えば勉強した内容では8割以上は取れないと受からない

8割×75%で60点。

奇問が出たりして落とすかもしれないので、

勉強したうちの8割は取れるようにしたいと思いましたが、

実際のところ、

  • 試験10日前で7割程度
  • 試験直前でようやく目標値の8~9割まで届く

といったところでした。

 

本番では学科75%、実技が73%(実際はもう少し高いと思う)

だったので、おおむね計算通りでしたが、

次に何か受けるときも、

そういった感じで心がけたいと思います。

 

結局フォーサイトのAFP講座はどうなのか

今回はFP2級をいきなり受けるために、

AFP講座をとらなければならない、

そういった理由があったので、

フォーサイトのFP2級+AFP講座を受けましたが、

私のように経済面の知識も少なく、

それなのにFP2級受けたい。

そういった人ならお勧めだと思います。

 


なんだかんだで文句ばかり言ってはいますが、

全く知識がない状態で、

AFP認定講座受けたりとか、

FP2級に受かりに行くのは、

結構大変です。

 

ちなみにバリューセットでとるなら、

断然直前対策講座付きがお勧めだと思います。

むしろ、あれがなかったら受かってないのではと、

今では考えるばかりです。

 

逆にFP3級からFP2級にステップアップしていく人なら、

わざわざ選択する必要はないのかもしれないなと、

少し遠い目で。

 

何はともあれ、お金に全く興味がなかった私が、

こうやって合格ラインまで行けたのだから、

きっとお勧めだと思います。

 

とりあえず、

4か月間の間、色々と勉強できたのは、

とても良かったと思います。

少しずつでよいのでステップアップできるよう

努力し続けたいものです。

 

FP2級+AFP
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました