FP2級基礎講座1周目終了

FP2級+AFP

とりあえず、

フォーサイトのFP2級の基礎講座を1周しました。

結構時間がかかってしまいましたが、

負荷かけずにやるとすると、

こんなものなのかな。

 

それでは雑感を書いていこうと思います。

 

フォーサイトFP2級の講義について

下位(FP3級)の資格を受けていること前提な気がする


私は行政書士の講座も受けたことがあるのですが、

行政書士の講座って、

『法律に対して、初見であること』を前提に、

しっかり講義をしている感じがしますが、

今回の講義については、

『ある程度知っている人向け』の講義だと感じました。

 

テンポよく講義が進んでいきますが、

ペースが速すぎたり、

後述する『どこに集中すればよいのか解りづらい』

講義のやり方のせいで、

とても疲れがたまりやすかったです。

 

 

どこに集中すればよいのか解りづらい


フォーサイトのテキストでは、

A(最重要)、B(重要)、C(補足)で、

重要なところを表現しているのと、

星の数(★~★★★★)で重要度を示していますが、

今回の講師の場合、

AでもCでも、同じような表現を使います。

  • ここは試験で良く出ます(最重要)
  • ご注意ください(ある程度重要)
  • ご興味があれば確認してください(補足程度)

特に、『ご注意ください』の表現が結構あるけれど、

一気に内容を言った後に、

さらっと次に行ってしまうので、

内容を確認していると、

かなり時間がかかります。

 

また、『主語がない状態』で、

いきなり式の説明や内容の説明に入るので、

そこでまた『何のことを言っているのか』

確認をしていると、

時間がまたかかってしまいます。

 

これが続いていくと、

AだろうがCだろうが、

すべての内容についてかなり集中する必要が

出てくるので、ものすごく疲れがたまってきます。

 

さらに『チェックテストの内容』が、

結構Cランクの処から出てくるので、

(さらに講義で流れていない内容の問題も1~2割ぐらいはある)

ここでさらに削られます。

 

 

計算式の演習をするまでの間隔が長い


税金の計算など、

様々な計算式が出てきますが、

計算式が出ていても、

8割ぐらいはチェックテストまでお預けです。

これでは、さすがに覚えることが厳しいと

思わざるを得ません。

 

 

チェックテストの答えが結構雑


行政書士のテキストの時は、

チェックテストの答えは、

次のページに書かれていて、

○でも×でもかなり丁寧に理由が書いていました。

(チェックテスト”毎”の答えのページが1~3ページとってある)

 

FP2級のテキストは、

巻末に答えが乗っているのですが、

○の時は何も書いておらず、

×の時も簡潔に答えが書いているだけです。

(チェックテスト”全部”で答えのページが2~4ページ程度

 

ただでさえ、講義が解りづらいのに、

これでは結構きついなと

正直に思いました。

 

これからの進め方について

ここまで読んでいただけた人には、

伝わっていると思いますが、

今回の講義については、結構不満があります。

 

でも、逆にこうすればよいんではないかという

ポイントについても、見えてきました。

 

1周目はオリエンテーションだと考える


1周目については、

  • 何が主語で、何について注意させたいかを知る
  • 税金の計算を意識する
  • 正確な資産価値の計算を意識する

ということを理解するための時間だった。

 

…というか、一番上のやつは

結構あかん奴だと思うのですが…。

 

そう割り切ることにしました。

私がFPの知識が全くなかった為かもしれませんが、

講義時間の2~3倍をかけて、

ラインマーカーやチェックテストを解いたりして、

そこまではできるようになったので、

2週目はきっとかなり速く回せるようになると思います。

 

なるべく早く過去問講座を始められるようにする


チェックテストに期待できない以上、

後は、過去問を解きながら、

知識をつけていくようにしたいですね。

今回も試験までの時間はあまりないので、

出来る限り問題を解くようには

していきたいものです。

 

 


なんだかんだで、1周やってみた雑感は

こんな感じですが、

今回の資格についても、

手強い相手だなと考えるようになってきました。

 

 

 

 

FP2級+AFP
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました