AFP提案書作成(改善編)

FP2級+AFP

さて、AFP課題作成(家計破綻編)で確認した状況では、

  • 子供が生まれた直後にマンション購入
  • 産休後4年間は時短勤務で妻の収入半減(-100万円/年)
  • 保育園料が新たに発生(36万円/年)
  • マンションの維持費が発生(60万円/年)
  • 車や海外旅行の費用がかかる
  • 子供が私立高校や大学へ(約100万/年)

が原因で、家計が破たんしてしまう状況ですが、

ここから立て直しを図っていこうと思います。

 

破綻する前に立て直しを図る

産休後4年間は時短勤務で妻の収入半減(-100万円/年)の対策


とりあえず、産休後4年も時短勤務とか、

甘いことは言っていられません。

子供が1歳になったらフルタイム復帰しないと、

確実に4年後にマンションを手放すことになります。

 

 

支出の増大(マンション維持費、教育費、車、旅行)の対策


マンションの維持費・保育園については、

どうしてもかかってしまう費用なので、

削減は厳しいので、ここは削らずに行きます。

教育費については、市の補助金をもらうとか、

親に面倒見てもらうとかも

選択肢に入れてもよいかもしれないですね。

 

車や旅行については、

20~30%ほどカットさせてもらいました。

ただでさえ、収支ギリギリのところで、

すべて叶えるとすると、

マンション手放しコースまっしぐらです。

ここは少しだけ節約してもらう必要があります。

 

最期に、生活費

少しだけ削るように提案することにします。

家賃抜きでの生活費がそこそこ高いので、

削れる方法を提案して、

返済の負担を減らすようにしました。

 

 

節約して浮いたお金は繰り上げ返済へ


ちなみに元利均等返済で繰上返済をした場合、

下図の通り、早めに返す方がメリットが大きいです。

そのため、浮いたお金は積極的に返済に回していきます。

ちなみに、貯蓄に負担がない程度を考慮して、

10年以内に繰上返済を100万円を3回ほど行うことで、

利子分が80万円ほど軽減されました。

 

 

その後もやっぱり家計が破綻する

これで一安心と思いきや、

なんと番外編で指摘していた、

『高校への進学後の継続的赤字』が原因で、

大学通っている間に貯蓄残高がマイナスになって、

マンションを手放すという結果になりました。

 

もうね…幸せいっぱいだったはずの、

これからの新生活が、

どうしてこんな地獄絵図になるんだろうか?

と嘆いてはいられないので、

ここでもテコ入れを図ります。

(ちなみに先ほどの対策後に、学資保険は導入済み)

 

学費は奨学金でなんとかする


もう、これぐらいしか思いつけなかったので、

子供には親の金を当てにせず

奨学金で学校へ行ってもらうことにしました。

 

第一種の奨学金なら無利子で借りられるし、

最悪、第2種の奨学金で利子が苦しいというならば、

それこそ退職金が出たタイミングで

返済の援助を行って、

繰上返済することで利子分を軽減すればよいです。

 

その他問題点について


生命保険の必要補償額の算出を行って、

無駄な保険料分の減額を行いました。

 

また、フラット35でローンを組んだ場合、

団体信用生命保険(債務者が死亡時にローン分全額下りる)

が旦那のみにしかかかっていないので、

デュエット(金利0.18%増える代わりに夫婦で団信加入)

でリスク回避をするようにしました。

 

改善した結果

ここまで色々と、

バッサリと無駄や無理な部分を切り捨ててきました。

色々と夢を見ていた夫婦に対して、

とても厳しい内容とはなりましたが、

改善した結果…。

  • 貯金は右肩上がりで、退職まで安定した生活ができる。
  • 退職時に貯金が3,500万越え達成

というところまでもっていくことが出来ました。

しかし、定年後に夫婦が働かずに、

年金の支給を待った場合は、

貯金が2500万円ほどまで下がってしまいます。

生活費の変動率1%で考えた場合、

この夫婦の老後の支出は住宅維持費込みで400万円ほどになるので、

恐らくは貯金を切り崩しながらの生活になりそうです。

 

昨今の定年の年齢の引き上げは、

やっぱり重要なんだなと改めて感じさせられますね。

 

 

おわりに

ということで、”私の”提案はこのような形になりました。

FPの課題は人によって、

若干違うそうなので、

人によって細かい部分とかは異なると思いますが、

それはやっぱり課題なので自分でやってみると

とても勉強にもなるし、

お金に対する見方も変わってくると思います。

(※なので、私の提案はあくまで私の課題で有効なものです)

 

少なくとも、私は今回の提案書の作成で、

  • 比較的余裕がある家庭でも、簡単に破綻するリスクがある。
  • 住宅ローン返済と進学が重なると世帯年収700万越えでもきつい
  • 老後働かないと年金受給までに1000万ほど簡単に減ってしまう。

ことについては、よく考えさせられましたね。

 

提案書を作りながら妻に、

問題点とか改善点について話していましたが、

こういった形で、勉強しておけば、

転ばぬ先の杖で、私自身がお金で困らないように、

自分のライフプランやキャッシュフロー表を作ってみて、

活用できるような気もします。

 

あとは、結果待ちですが、

ちょっと休んだら勉強を再開して、

試験に備えていきたいですね。

FP2級+AFP
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました