AFP課題作成(家計破綻編)

FP2級+AFP

AFP課題の作成から1週間ほどで、

なんとか作成が終わったので提出してきました。

 

とりあえず、課題を作成している間にいろいろと

思ったことを書きたいと思います。

 

マンション購入の恐怖

余裕がある暮らしが一転、地獄へ


(内容はぼかしてあります)

 

1、収入状況など

  • 旦那と奥さん合わせて年収700万越え(可処分所得600万程度)
  • 4000万程度のマンションの頭金2割は用意できる
  • 年間100万ほどは貯金できている

 

2、支出など

  • 家賃13万/月の賃貸住まい
  • 生活費(家賃除く)20~30万/月
  • 子供産まれたらマンション買って4年間は時短勤務したい
  • 子供を私立高校や私立大学に入れたい
  • そこそこ良い車や海外旅行へ行きたい

 

といった形で、

世間では中流家庭と言われるくらいで、

生活には結構余裕がありそうな感じでしたが、

希望通りにキャッシュフロー表を作ってみると、

マンション購入後たった4年で家計破綻

…住宅ローンの設定など、

何か手順を間違ったのかと思って、

一日悩んだけれど、どうあがいてもダメだったので、

このまま進めることにしました。

 

マンション購入後の産休の罠


世間では働き方改革だの、

女性が働きやすい社会だの言われていますが、

お金の世界は非情です。

 

奥様が産休や時短勤務で収入が半減するということは、

その間の収入が100万以上下がります。

 

さらに、保育園に子供預けて働くということは、

収入が下がった状況で保育園料もかかる。

理論値は月当たり3万強だけど、

実際は延長すると、

とんでもないことになります。

(今回はそこを考えるときりがないので、割愛しました)

 

ちなみに私が1社目で働いているときに、

御用組合の幹部をしていたのですが、

(その時のエピソード:一社目、品質管理

パートさんとかは、

下手すると残業代よりも

延長保育の費用が高いなんて、

本末転倒になる場合もあるみたいです。

 

 

 

購入するマンションの維持費が高い


さて、これだけでもかなりやばい状態ですが、

この家族にはさらなる受難が降りかかります。

  • 住宅ローンは月当たり13万円/月(ほぼ家賃と同じ)
  • マンションの維持費(修繕積立や固定資産税等)が5万円/月

そう、住宅ローンだけを見れば、

家賃と同じぐらいなので何とかやっていけると思うのですが、

マンションには維持費がかかります。

 

住宅ローン自体は家賃と相殺はできるのですが、

維持費の分は相殺できず、丸々負担となってしまいます。

 

 

車の買い替えと海外旅行の負担がきつい


さらにこの状態でマンション購入後の数年後に

車の買い替えと海外旅行が待っています。

もうね…ここまでで、

かなりうんざりしていたところで、

この負担…思わず私は、

馬鹿じゃないの!

と突っ込んでしまいましたが、

そこはFP見習い、

ここでキレている場合ではありません。

 

 

将来、子供が私立高校と大学へ行くと家計が破端


ちなみにこの後は定年までずっと貯蓄残高はマイナスで、

実質GAME OVERなのですが、

余談で、奥様がフルタイムで復帰できれば、

収支自体は緩やかにプラスになっていきます。

 

でも、子供が私立高校に上がったところで、

教育費が急増して赤字に転落

また借金が増えていきます。

 

もちろん私立大学へ上がっても、

赤字は継続的に進みます。

 

ここまでのまとめ

さて、家計的にも余裕があったはずの

共働き夫婦でしたが、

もともとは年間100万円ほどの貯蓄の余裕

でも、今は…

  • 子供が生まれた直後にマンション購入
  • 産休後4年間は時短勤務で妻の収入半減(-100万円/年)
  • 保育園料が新たに発生(36万円/年)
  • マンションの維持費が発生(60万円/年)
  • 車や海外旅行の費用がかかる
  • 子供が私立高校や大学へ(約100万/年)

そりゃあ・・・奥さんが時短の時点で、

貯蓄できなくなって、

さらに色々と費用が増えれば、

家計も破綻しますよね。

マンション手放しまっしぐらのコースです。

 


よくよく考えてみれば、

頭金20%用意できているし、

ローンも簡単に通るだろうから、

マンション買って1~2年までは事態の深刻さには

気づかないんだろうけれど、

3年目あたりでヤバいと気づいて、

4年目にはどうにもならなくなって消費者金融行き、

最期にはマンション手放して、

ローンだけが残るという、

どこかの雑誌サイトで見たような

転落人生の例みたいですね。

 

実際にこうやってシミュレーションしてみれば、

必然的に、家計の破たんまでの道筋と原因がわかりますが、

案外、イメージだけで行くと、

同じような感じで生活して破綻してしまうっていう人も、

いるのかもしれないなと思って、

この勉強をすることに意義を感じてきましたね。

 

とりあえず、破綻編はここまで、

立て直しに入ります。

 

後編(AFP提案書作成(改善編))に続きます。

FP2級+AFP
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました