行政書士基礎講座2周目終了

行政書士
民法の過去問で挫折することに

今月の予定では行政書士基礎講座2周目と

過去問を1周終わらせる予定だったので、

基礎講座をやる⇒過去問という形でやろうとして、

憲法まではうまくきましたが、

 

民法の過去問を始めたら、

難易度が高い問題が多く、

このままテキストと並行して進めると

とてもじゃないけれど気持ち的に持たないと思ったので、

先に基礎講座2周目を終わらせて、

3周目を1.5倍速で視聴しながら過去問をすることにしました。

 

この場合だと、過去問を回す時間が10日ほど欲しいので、

かなり巻いて基礎講座2周目を行うことになります。

 

基礎講座2周目のスタンス

一週目で貼った殴り書きメモ付きの付箋を剥がして、

ラインマーカーとテキストに直接メモをするようにします。

ついにラインマーカー解禁ということで、

1周目に比べると負担がかなり減ることになりました。

 

Before(1周目)

 

After(2周目)

 

剥がした付箋を積み上げてみると、

中々の量ですね。

 

さて、行政書士基礎講座の2周目にかかった時間ですが、

日数:22日

時間:154時間

(内訳)

  • 基礎講座:2日(12時間)
  • 憲法:3日(20時間)
  • 民法:6日(45時間)
  • 行政法:6日(45時間)
  • 商法:3日(20時間)
  • 一般知識:2日(12時間)

基礎法学と憲法は過去問もやっているので、

少し時間がかかってますね。

 

付箋ではなく、ラインマーカーや赤ペンなどで

直接テキストに書きこめるようになったのが、

大分負担減になったので、

勉強時間を少し長く取れるようにはなりましたが、

案の定、前やった所は3~5割も覚えていれば御の字でした。

まあ、予想していたとはいえ、

能力不足にがっかり感が…。

 

まあ、前回と同様の時間を、

ダウンせずに長時間回せるようになったので、

日数的には半分程度で終わらせられました。

 

とはいえ、体調は不調まっしぐらなので、

次こそはもう少し負担感を減らせるようにしたいですね。

 

今後の進め方

まずは残った民放と行政法と商法、一般知識について

基礎講座を1.5倍速で流して過去問終わらせに行きます。

 

インプットメインはここまでで、

今後はなるべ浮くアウトプットの割合を増やします。

 

ゲームで言えば、

基礎講座事態の内容は説明書に過ぎず、

実際に操作をしなければ、

実戦では勝てないです。

どんなに説明書の内容に精通していても、

全くプレイせずに初めて実戦やって

『パンチボタンはA、必殺技は→↓↑→AB』

を頓珍漢な場面で繰り出しても、

全く何の役には立たないです。

 

試験も同様で、

結局どんなふうに問題が出てきて、

どんなふうに答えるのかとか、

ただ知識をつけるだけでなく、

どうやって答えれば良いのかを

勉強しなければ合格できないと考えています。

 

情けないことにかなり頑張ってはいるつもりですが、

今の状態では3割程度の勝機しか見えないので、

ここから少しでもあがいて合格を目指したいですね。

行政書士
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました