MOS Excel2013 expert part2 模擬試験が終わりました。

MOS

明後日は試験になりますが、

予定通り何とか模擬試験までは終えることが出来ました。

模試では、同じような作業をさせるような問題が多く、

もしかしたら、試験範囲はそんなに広くないのかもしれないです。

 

模擬試験の状況

最初の方は、慣れない作業も多かったせいか

数式を間違えたりして、

時間が結構かかってしまいました。

特に一回目は初めての時間切れです。

流石に、後半は慣れてきたのか、

大分良くなってきた気がします。

 

時間的には30分以内に終わるようになりました。

流石に問題数少ないですからね。

本番もこの調子で行きたいものですね。

 

模試で主に勉強した所

①より複雑な関数の活用

とりあえず、IF関数が使えないと話にならないです。

あとは、○○以外なんて単語が出たらNOT関数

複数の条件組み合わせではAND関数OR関数

一定の条件を満たす状態での合計、平均、数値の個数は

AVERAGEIFS関数SUMIFS関数COUNTIFS関数

あとは、これまでに勉強したVLOOKUP関数も使えないと

厳しいと思います。

 

セルの状態について、空白は””

指定セルの値(例としてA1)以上は”>=”&A1

数式での行や列の固定($A1やA$1)

程度も理解していないと厳しいですね。

 

②別ブックからのデータリンク

別ブックを開いて、

指定のセルをコピー⇒ウインドウの切り替え⇒リンク貼り付け

※ウインドウの切り替えの際は表示⇒ウインドウの切り替えを厳守!

 

③スタイルの結合、スタイルの変更

別ブックを開いた状態で、

スタイルの右下⇒スタイルの結合

 

④ユーザー設定リストの追加

設定リストに登録したい範囲を選択、

オプション⇒詳細設定⇒ユーザー設定リストの編集

登録した設定リストをフィルハンドルをつかって、

表示をする。

 

⑤ピボットグラフの追加

何気に、ピボットテーブルとグラフの設定方法さえ、

ちゃんとわかっていれば、全く詰まるところがないです。

Specialistとexpart part1の復習に近いですね。

 

⑥What-if分析の活用(データ⇒データツール)

シナリオ、ゴールシーク、データテーブルの作業は

ここで行うことになります。

 

⑦ウオッチウインドウ(数式⇒ウオッチウインドウ)

 

⑧テーマの編集(ページレイアウト⇒テーマ)

テーマの編集と言っても、配色やフォントの変更です。

名前の登録も忘れないようにしたいところですね。

 

⑨シートの保護、ブックの共有

セルの場合(ホーム⇒セル⇒書式)

セルのロックや、書式設定を行います。

※特に数式のみ表示させないの場合は、

検索⇒数式⇒セルの書式設定⇒保護の表示させないにチェック

といった作業があるので注意したいところです。

 

シートやブックの場合(校閲⇒変更)

保護だけでなく、共有設定もここになります。

 

⑩ドキュメント検査や最終版への設定(ファイル⇒情報)

MOSのWordやPowerPointをやってきた方は、

もう慣れっこな場所ですね。

Excelでは出てこないなと思っていたのですが、

まさかのexpertでやることになるとは思いもしませんでした。

 

大体こんなところでしょうか。

やること自体は結構限られているのですが、

何せ数式の入力量が多く

ケアレスミスで落とす場合が多かったです。

(VLOOKUP関数のFALSEや○○以上の”>=”を”>”と打ち間違える等)

落ちついてやれば、行けそうな感じがしますので、

本番でも気を抜かずに頑張りたいところですね。

MOS
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました