時間ができたのでPCのメンテナンスをした

退職日記
スポンサーリンク

PCの調子が悪いときに考えること

最近PCの調子が少し悪くなったのですが、

大体こういう時は、

  • Windowsの更新プログラムのせい
  • 常駐ソフトが重い
  • 勝手にWindowsのウイルスチェッカーが作動
  • ウイルス対策ソフトとWindowsが喧嘩
  • 排熱がしっかりとされていない

といった理由が考えられます。

…というか、ほとんどゲイツのせい、

というのは置いておいて、

排熱口に手を当てると、

あまり排熱されていなかったので、

排熱口の掃除をすることにしました。

 

ゲーミングノートPCの弱点

私はマウスコンピュータの

ゲーミングノートPCを使っているのですが、

実務でも遊びでも普段はかなり快適に操作ができています。

ただ、コンパクトなPCに

無理やりいろいろなものを詰め込んでいるので、

排熱関係が結構苦しくなります。

 

PC下から吸気して、

側面から廃熱という形なので、

埃も結構たまりやすいですしね。

 

ちなみに今回はそんなに溜まっていませんでしたが、

こんな感じに溜まっています。

 

①ファンを取り外すと

 

②埃がいっぱい

 

そのため、掃除機で吸いながら、

外側からエアダスターで埃を吹いてやると。

 

③こんなに綺麗になりました。

 

あとは、しっかりとファンを付け直して、

PCを起動して、排熱されているのを確認。

問題なさそうです。

 

雑用も一つの芸かもね

なにげに、1社目の頃は、

PCに弱い人が多かったので、

私が雑用がてら

こういったこともしていたので、

メンテとかもお手の物になりました。

 

ちなみに、一番PC系の雑用で面倒だったのが、

会社のパソコンが任意でVistaに移行し始めた際に、

今まで会社が使っていた

ウイルスセキュリティーゼロ(更新料無料)が原因で、

PCクラッシュが連発、

その対応になぜか私が駆り出されて、

連日残業で対応したことでしょうか…。

(PCに詳しかったために駆り出されたという理不尽さ)

 

本来やるべき会社のネットワーク管理者の人と相談して、

結局HDDから、WORDやEXCEL、

OUTLOOKのデータを取り出して、

前のパソコンに戻して、

使えるのを確認後、

VistaのPCを初期化して、

ノートン先生に移行すべきだと解り。

上司に報告すると総務に言えと言われ、

ノートンは更新料がかかると抵抗する総務に、

PCクラッシュの原因について、

WEBページを使いながら、

事例を見てもらって、

ノートンに移行することになる。

 

さらに、今まで使えていた32bitのソフトが、

総務が買ってきた64bitのVistaでは使えないという、

思い切りの罠で、PDFが作れないと、

PCに弱い営業さんがPCに八つ当たりして、

何とかしてくれと言われて、

慌てて対応するPDF関連のフリーソフトを

探したりとかで大変でした。

(もちろん残業しても残業代は出ない)

 

うん…面倒な事件でしたね。

その後も、エプソンのドライバと、

Vistaの更新ドライバの相性が悪く、

印刷できないとかの問題を見て、

EPSONのコールセンターに確認して、

対応するドライバについて教えてもらったりと、

…Windows Vistaは悪魔のようなOSですね。

(もちろんその日は残業だけど残業代は出ない)

 

まあ、なんだかんだで、

いろいろな経験をしているなと思いつつ、

今に活かされるのならそれもまたよいかと、

思った一日でした。

(残業代はほしかったなぁ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました