4月の料理風景

料理
スポンサーリンク

主夫には引きこもり生活は関係なし

新型コロナでいろいろと外出が制限とされていますが、

そもそも私は主夫なのであまりストレスはないですね。

どちらかというと、

テレビやネットで、

いい加減なコメンテーターや、

『自称』専門家の方々が、

分野外のことにしたり顔で、

私たちに恐怖や怒りをあおる姿勢にイラッとしますが、

まあ、視聴率集めて宣伝費で稼いでいる職業なので、

それはそれで仕方がないかと、

冷めた気持ちになる日々です。

 

まあ、あまり醜いもの見せ続けられると、

人嫌いになりそうになるので、

世間の流れを知る程度に距離置きながら、

奥さん見て心を癒す毎日です。

 

4月の料理のポイント

コウノトリがうちにも来てくれたようなので、

妻が食べられる食事がメインとなりました。

 

とはいえ、結構がっつり系もいけるみたいなので、

食材や味付けでダメそう(気持ち悪い)ものがあれば、

それを外す形で調理をしていきます。

 

エノキやジンギスカンなどがダメそうなので、

しばらくはそれを外す形になりそうですね。

 

4月末までは普通に生野菜使っていましたが、

生野菜NGということが分かったので、

5月からはサラダは熱を通したものにしようと思います。

 

サラダ系

体調整えてもらおうと、サラダ系も色々やってみました。

今月は新玉ねぎをもらったので、

新玉ねぎ多めのレパートリーになっていましたね。

 

緑野菜と蒸し鶏のサラダプレート

プレート風にすると少し気分も変わるかな?

と思いましたが、なかなか好評でした。

 

新玉ねぎとブロッコリー、コーンのツナサラダ

実は下に新玉ねぎの薄切りが入っています。

 

新玉ねぎと豆缶のツナサラダ

新玉ねぎは豆系とも相性が良いので、

こういった組み合わせもよいですね。

 

カイワレとコーンと新玉ねぎのツナサラダ

新玉ねぎとカイワレは油系(ツナやマヨネーズ)と

とても相性が良いので、こういった組み合わせも、

とても美味しくいただけます。

 

麺類

我が家といえば麺類、

今月もおいしく頂けました。

 

家系ラーメン(吉村屋)

妻が煮卵と叉焼を作ってくれたので、

とても豪華です。

何気に日清と吉村屋では、味が違って、

吉村屋は醤油の味が強い感じがしますね。

 

フライパンでできる醤油とんこつラーメン

日清のいつものシリーズに新作が出ていたので、

やってみることにしました。

これも手軽で美味しいですね。

でもそういうのに限って再入荷されないのが残念です。

 

熊本ラーメン

ちょっと悪さになりましたが、

マルタイの熊本ラーメンです。

具材はニンニク醤油味にすると

ガッツリ感が増して美味しいですね。

 

坦々うどん

味の素の担々麺の素が余っていたので、

うどんに合わせてみました。

うどんは釜揚げにしておいて、

その上にあんをかける感じですね。

かなり良い感じで頂けました。

(妻からの感触も上々です)

 

海鮮塩焼きそば

麺は日清の塩焼きそばの粉末をメインで

具材はオイスターソースと醤油で味付けしました。

塩系は、具の味付けがもろ影響するので、

味付けに結構気を使います。

 

ミートソーススパゲティ

妻がミートソースが食べたいというので、

作りました。

サラダも添えると色鮮やかですね。

 

 

鍋物、汁物、煮物

豚汁

4月前半はエノキもOKだったので、エノキも入っていました。

 

後半は少しでも栄養取りやすいように、

シイタケとか豆腐、大根も加えることにしました。

 

チゲ鍋(鳥モモ+タラ)

ちょっと食欲がということだったので、

キムチのもとを使って食欲が出るように、

チゲ味にしました。

昆布だしと魚介だしをふんだんに使うと、

とても美味しいですね。

食が進んだみたいで、おかわりもしてくれました。

 

桃屋のキムチ味の煮物

すっかり我が家では定番の、

桃屋キムチの素+鶏がらスープ、香味ペーストを

料理酒で溶いて味付けした煮物です。

冷やしても美味しいのが良いですね。

 

カキとほうれん草、鶏もものクリームシチュー

妻が鉄分補給のため、

カキを入れたシチューが食べたいとの希望だったので、

作ってみることにしました。

牡蠣とほうれん草は冷凍ものですが、

とってもおいしくできました。

 

ごぼうのキムチ炒め(新作)

こくまろキムチの賞味期限が近づいたので、

ゴボウ炒めで処理することにしました。

 

材料

  • 合挽肉:約150g
  • 冷凍さきがけゴボウ:一袋
  • こくまろキムチ:3分の1程度(60g程度)
  • 香味ペースト:適量
  • 桃屋のキムチの素:大さじ1程度
  • 醤油:小さじ1程度

 

料理のポイント

  1. フライパンにごま油をひく
  2. ひき肉を炒める
  3. ひき肉に火が通り始めたらゴボウを入れる
  4. 香味ペーストで軽く味付けする
  5. ゴボウに火が通り始めたらキムチを入れる
  6. キムチの素と醤油で味を調える

 

簡単ですが出来上がりです。

なかなかに味わい深い味になりました。

お酒のつまみでも、ご飯の友でも、

どちらでもいけますね。

 

 


大体こんな感じですが、

食べれるほうのつわりみたいで良かったです。

(食べた後しばらくしたら気持ち悪そうですが)

来月は温野菜みたいな形の食べ方も検討したいものです。

料理
スポンサーリンク
madjapanをフォローする
madのアーリーリタイア日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました