フォーサイト基礎講座2週目+合格革命基本問題集2週目終了

何とか試験1か月前ちょっとになりましたが、

  • フォーサイト基礎講座2週目
  • 合格革命(基本問題集)2週目

が終わりました。

一日5時間程度と、

相変わらずのスローペースで、

しかも勉強効率が悪いので、

進み具合が思った通りとはなりませんでしたが、

やり切るのが大事なので、

『踏ん張りきれた』だけでも、

少し安心感が増しますね。

基本問題集自体の正答率は、

基礎講座受けた直後にやっているので、

8~9割程度となりますが、

何もない状態でやると8割ってところになるでしょうか。

まずまずの仕上がりといったところですね。

まあ、結局のところ

『答えを覚え始めている』ので、

(大事なのは論点や主旨なので)

本番だと正答率は下がってしまうであろうと

予測してしまうのは仕方がないところですね。

フォーサイトの講義と合格革命のリンク

冒頭でも述べたとおりに、

今回は

  • 2018年度のフォーサイトの基礎講座
  • 2019年度の合格革命(基本問題集)

を同時にやりました。

『フォーサイト基礎講座』『合格革命』に合わせて、

  • 憲法
  • 行政法
  • 民法

の順にやりましたが、

概ね、勉強の順番が同じだったため、

フォーサイトのテキストを受講した復習に

合格革命を使うことができる形になりました。

これはなかなかの僥倖で、

勉強の効率がかなり上がり、

解けないことによるストレス間を

大幅に減らすことができます。

合格革命の問題集で間違ったところについては、

合格革命の基本テキストの該当ページを

参照して対応するので、

結局基本テキストは購入することになるのですが、

落ちた時の労力考えれば、

3000円くらいは出してもよいんじゃないかなと。

考えています。

ちなみに一般知識については、

フォーサイトは個人情報保護法を先にやるのに対して、

合格革命は個人情報保護法を後にやるので、

注意が必要かもしれないですね。

個人的な考えでいうと、

①フォーサイトの基礎講座+過去問を1周以上

②基礎講座2周目で過去問すべてを解くのが時間かかる

って段階になったときには、

問題を解く際に合格革命を使うのが良いかもしれないですね。

記述式に対する対策

正直私の頭では、

講義を聞く→記述式をとけるようになる

にはなれなかったので、

先にテキストの問題で、

記述式問題を見て、

講義の時に、重点的にそこをノートに取る、

記述式問題で、聞かれた内容に対して、

しっかりと埋められるようにする。

といった形で対応することにしました。

さすがに同じテキスト5回以上やっているのに、

できないっていうのは、

心に来るものだし、

そもそも、

「6割以上の記述式の要素自体が書けない」

という致命的な知識不足の状態で、

記述式に臨むということ自体が、

勉強のやり方間違えているとしか、

思えないと感じたからです。

こればっかりはあまり言いたくないけれど、

『努力ではなく個人の才能レベル』の問題だと思うので、

少しハードルを下げることにしました。

結果としては、

こっちの方が習熟度が上がって、

より詳しくノートを取るようにしたことで、

合格革命のテキストでも、

少し欠けるようになってきたという、

嬉しい誤算が出て、

早くそうしていればよかったと、

心から嬉しい後悔をすることになりました。

今後の進め方

明日からは、

  • 基礎講座の3週目(憲法・民法・憲法)
  • 合格革命基礎問題集
  • 合格革命多岐選択式+40字

を進めていこうと思います。

今回の結果は、

良い形での景気づけになっているのではと、

思えますね。

しかし…なんというか、

やっぱり時間が足りないですね。

恐らく次の周をかなり頑張らないと、

応用テキストの2周目及び、

周回ができなくなってしまうので、

工夫が必要になってきます。

直前対策に、流す問題集の選定とか、

そういったことを言っている余裕もなくなっているので、

どうにか立て直したいところです。

私自身のモチベーションと疲れやすさの問題もありますが、

2回目とはいえ、4か月程度の時間で何とかするとなると、

かなり厳しいなと改めて反省しています。

あと2か月ぐらい時間がほしいと思いますが、

FP2級+AFPを受験したり、

その反動でものすごく疲れたのも、

自分で選んだ結果なので、

後悔しないように、出来る限りの手段を使って、

やれるところまでやりたいものです。

これが終わったら今度こそ本気で休んで、

体と心を治したいです。

さすがに少し疲れたし、頑張ったと思うので。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする