迷走している気がする

行政書士の勉強が中々うまくいかず、

その中でモチベーションの維持には

何とか成功させかけている。

ただ、やっぱり体調面とかは、

中々回復できず、

まだ治れないのかという、

辛さを感じ続けている。

少しストレスを感じ始めるだけで、

肌の湿疹や怠さ、

肩こりが出ては消えを繰り返し、

妻に対して申し訳なく感じる一方、

一番それに対して焦りを感じているのは、

自分自身だということが、

なぜ周囲に理解してもらえないのかという、

被害妄想が頭をよぎる。

努力はしているが、

努力の方向性が間違っているのではないか?

何のために頑張っているのかが見えなくなっていて、

心が軋む。

昨日の失敗

昨日は、縁石で擦ったタイヤの修理を終えた後、

妻が買い物へ行きたいと言ったので、

気を利かせたつもりで、

少し離れた大き目のスーパーに行くことにしたが、

ものすごく道が混んでいたため右折できず、

いつもと異なる初見の細道を通ったが、

工事のために渋滞し、

さらに帰りも渋滞にはまってかなり疲れていた。

いつもなら路駐が多いところで、

今日は路駐がなかったので車線変更したら、

前の車が急に減速したので、

急ブレーキをかけたら、

妻に、

『運転荒いんじゃない』

と言われ、

よせばいいのに私が、

「今日は道が混んでいたり、

入れるタイミングが少なくて」

と、言い訳をしてしまい。

『でも怖いよ』

と言われたときに、

「なんでこんなに疲れているのに、

頑張っているのに、

荒く運転する気もなかったのに、

責められないといけないんだ」

と、猛烈に怒りがわいてきた。

家に帰ったあと、

妻になぜ怒ったのかを伝えたけれど、

妻自身はそういうつもりでなかっただろうし、

私自身が妻を危ない目に合わせたのはわかっている。

妻からは、

運転が荒く急発進や急ブレーキが多かったと言われたが、

それに関しては心当たりがあまりなく、

車間を詰めたりするようなことも

してなかったつもりだと伝えた。。

結局、私の思っていることは理解してもらえず、

苛立つままに、

『言葉に思いやりがない』

と詰ってしまったので、

妻には

『些細な言葉でキレた』

と受け止められてしまい、

(事実そうなのだが)

妻を傷つけるだけで何も得られない、

最悪の結果となった。

誰が悪いのかと言えば、

今回の件は私が悪いと思っている、

無理して、運転がひどい状態になって、

結果として妻を危ない目に合わせている。

でも、何が辛かったのかを

理解してもらえないのが苦しくて、

沸いた怒りがなかなか収まらない。

頭を冷やすために、

車にガソリンを入れに行って、

その後に外を歩いたけれども、

やっぱり気持ちが収まらなかった。

一つ確かなことは、

『自分ができる以上のことを無理してやるもんじゃない』

ということだ。

もちろん無理をしてそれが功を制することもある。

でも、しんどいのに無理して、

頼まれた以上のことを自分勝手にやって、

それでよくない結果を招くのであれば、

それは、無理をせずに素直に伝えたほうが良い。

少なくとも妻は、

そういう所はしっかりと理解してくれている。

それを裏切って、

無理して失敗しているのでは目も当てられない。

反省だけなら猿でもできるが

会社を退職後、

無力感で押しつぶされそうになりながらも、

壊れないよう頑張ってきた。

でも、妻のことをしっかりとみて

頑張っていたのだろうか?

自分自身のことで精一杯で、

なかなか回復できない自分を見ている

妻のことももう少し考えて、

もう一度『何のために頑張っているのか』を、

考え直さないといけない。

独りよがりに結果が出ないことや、

他人からの評価を気にして凹むのは、

自分勝手であり、

家庭を顧みていない。

行政書士試験まであと2か月を切った。

恐らく、試験の結果はどうであれ、

私のことだから上手く目標設定を立てることで、

勉強自体は投げ出さずに、

最後まではやりきることができるだろう。

試験が終わったら、

少し体調面を回復させたい。

代謝を上げて、体力をもう少しつけて、

体重減少などを目標に挙げて、

頑張りたいと思う。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする